スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

お久しぶり(´・ω・`)

お久しぶりです(´・ω・`)

いろいろごたごたしててブログの更新どころではありませんでした( ´・ω・)
(そういやリストビューのサブアイテムの直接編集の途中だったんだなあ……)

しばらくは気分転換にXNA2.0でも触っていこうかな~と考えてます
といってもC#自体2年くらい前に適当に触っただけなので色々思い出しながらになりますが……
(自動的に変数が初期化されることすら忘れてたぜ)

リストビューの続きについてはそのうち書きます(ぁ



透明色の指定

デフォルトで255,0,255が透明色というのはすぐに分かったのだが
出来れば別の色を指定したいとおもい調べたのだが思ったより資料が少なかった( ´・ω・)
(リソースの方はプロパティで変更するだけだった)

しょーがないのでMSDNでちょっと調べて試してみたのだが
なぜかグラフィックが拡大表示されて困った(ノ▽`*)

もしかしてミップマップがデフォルトで2に設定されているのか? と思い1を指定してみたところ正解(`・ω・´)
ん~こういうのってどんなに便利であろうと1に設定されているべきじゃないだろうか?

というわけで透明色を指定してファイルを読み込む方法(`・ω・´)↓



protected override void LoadContent()
{
// Create a new SpriteBatch,
// which can be used to draw textures.

spriteBatch = new SpriteBatch(GraphicsDevice);

// TODO: use this.Content to
// load your game content here

TextureCreationParameters tcp =
TextureCreationParameters.Default;
tcp.ColorKey = new Color(0,255,0);
tcp.MipLevels = 1;
texture = Texture2D.FromFile(graphics.GraphicsDevice,
"heroine.bmp", tcp);
}




スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

2008.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | プログラム

«  | HOME |  »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。